電話マーク

お電話

メニュー

立体動態波 イメージ
見出しアイコン

立体動態波

立体動態波で痛みの原因に
アプローチしましょう

立体動態波は、中周波を活用した施術です。
3対の中周波を干渉させることで複雑のうねりの電流をつくりだし、身体の深部にまでアプローチします。

立体動態波は、慢性痛から急性痛まで幅広く対応しています。
超音波マイクロカレントといった他の施術とも組み合わせることができ、患者様の状態に合わせて施術が可能です。

こちらでは、立体動態波の特徴や施術内容、期待される効果について詳しくご紹介します。

目次

こんなお悩みはありませんか?

  • 腱鞘炎で指が動かしにくい 
  • 肉離れのせいで試合に出られない
  • 変形性膝関節症の痛みが年々悪化している
  • ぎっくり腰の痛みを緩和させたい

立体動態波とは
どんな施術なのでしょうか

立体動態波は、日常生活では聞き馴染みのない言葉です。
そのため、どんなものなのかイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。

立体動態波とは電流のうねりを使って、患部に三次元的にアプローチする施術です。
他の施術を組み合わせたコンビネーション施術にも対応しており、幅広い症状の改善に効果が期待できます。

立体動態波の特徴について

立体動態波といっても、いまいちピンとこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、まずは立体動態波の特徴についてご紹介します。

●立体動態波の内容

異なる方向に3対の中周波を流して干渉させると、動態干渉効果が生じます。
立体動態波とは、この動態干渉効果によって生み出された3次元的な波のことです。

立体的で複雑な電流のうねりが生体深部の筋や神経にまで刺激を与えます。
電気刺激が届きにくい深部の筋肉や神経にも刺激を与えることができ、関節の動きの改善や疼痛の抑制に役立ちます。

●立体動態波の特徴

立体動態波は、筋肉の深層にある神経にもアプローチできます。
外傷だけではなく、神経痛やしびれの症状にも効果的です。

スポーツ業界でも、選手のコンディションを整えるために使われています。

立体動態波の施術内容

立体動態波は複雑な電流のうねりを生み出すことで、生体深部の筋や神経にまで刺激を与える施術になります。
こちらでは、立体動態波の施術内容についてご紹介します。

●立体動態波の使用目的

立体動態波は、おもに慢性痛の緩和を目的として使用します。
緊張型頭痛片頭痛肩こり腰痛神経痛などの症状の緩和を図ります。

立体動態波は、少し痛みが出る程度の強さのほうが効果が出やすいと いわれています。
立体動態波の刺激は少し痛みをともなうこともありますが、不快感は少なく深部をマッサージされているような感覚です。
慣れてくると心地よさを感じる方もいらっしゃいます。

慢性痛の原因となる場所を中心に三次元的な刺激を与えることで、手技では届きにくい深部の組織にも働きかけます。
頑固なこりの改善にも効果的です。

●当院の立体動態波の特徴

当院では伊藤超短波のES-5000という機器を使用し、筋萎縮の改善だけではなく筋肉痛や関節痛の緩和を目指します。

「ハイボルテージと超音波」「マイクロカレントと超音波」のように、施術の組み合わせは柔軟に変更が可能です。
患者様の身体の状態を確認しながら、目的に応じて効果が出やすい方法で行います。

●立体動態波と組み合わせ可能な施術

立体動態波は、次のような施術と組み合わせることが可能です。

・超音波

超音波とは、人間の耳では捉えることができない高い周波数の音です。
超音波は微細な振動を繰り返すため、身体に照射するとマッサージ作用が得られます。

また、熱エネルギーに変換されることで温熱効果も期待できます。
組織の働きを高めるため骨折の早期改善にも役立つ施術で、急性のケガに効果的です。

・ハイボルテージ

ハイボルテージは、高電圧電流のことです。
高電圧の電気刺激を深部組織に到達させ、痛みの原因であるトリガーポイントを刺激します。
深部に原因がある痛みの緩和に効果的です。
短期間で効果を実感しやすく、むちうちやぎっくり腰、肉離れ、捻挫の改善に使われます。

・マイクロカレント

マイクロカレントとは、生体に元々流れている微弱な電流と似た電流のことです。
組織の回復を促す効果が期待できます。
鎮痛や回復の促進、スポーツ後のクールダウン、筋肉痛の軽減を目的として使用されます。

立体動態波で改善が期待できる症状

立体動態波は、慢性痛から急性痛まで幅広い痛みの緩和に役立ちます。
寝ているだけで施術できますので、強い痛みに悩まされている患者様も無理なく続けられます。

また、コンビネーション施術を行えば、痛み以外にもさらにさまざまな症状に対応できます。
こちらでは、立体動態波で改善が期待できる症状についてご紹介します。

立体動態波で
改善が期待できる症状

立体動態波には、次のような症状の改善が期待できます。

●肉離れ

肉離れは、筋肉が断裂した状態のことを指します。
特に、太ももやふくらはぎなど下肢の筋肉でみられることが多いです。
筋肉が裂けることによって出血が起こり、激しい痛みをともないます。
立体動態波では肉離れのような急性の痛みに対しても、鎮痛効果が期待できます。

●関節拘縮

関節拘縮は、ケガや病気などがきっかけとなって起こります。
関節を動かす機会が減り、関節を支える筋肉や腱、関節包などが縮むことで関節の動きにくさが残ります。
立体動態波によって三次元的に患部を刺激することで、関節拘縮の改善が期待できます。

●腱鞘炎

腱鞘炎とは、腱を包んでいる腱鞘にみられる炎症のことです。
手の使いすぎによって、腱鞘と腱が擦れることで生じます。

指の腱鞘炎が進行すると、ばね指になり指先のこわばりが現れます。
パソコン作業楽器の演奏家事・育児などが原因として挙げられます。

立体動態波は腱鞘炎の痛みの緩和にも効果的で、定期的に施術することで早期回復と再発防止に役立ちます。

●四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、中高年の方に多いことからこのように呼ばれています。
正式には、肩関節周囲炎という炎症の一種です。
肩関節に激しい痛みが現れ、痛みのあまり寝付けなくなる方もいらっしゃいます。
症状は数週間から数ヶ月かけて落ち着いていきますが、肩関節の拘縮が残ることもあります。

立体動態波では、手技ではアプローチできない肩関節の深部を刺激することができます。
四十肩・五十肩の痛みを緩和し、関節の拘縮が起こらないよう働きかけます。

●変形性膝関節症

変形性膝関節症は、進行性の病気です。
膝関節でクッションの役割を果たしている軟骨がすり減っていくことで、炎症や関節の変形がみられます。
加齢膝の酷使がおもな原因となります。
立体動態波によって、変形性膝関節症の進行を食い止めることはできませんが、痛みを緩和させることは可能です。

●ぎっくり腰

ぎっくり腰は、正式に急性腰痛といいます。
原因はさまざまですが、腰の組織がダメージを受けている状態です。

発症直後は、その場から動けなくなるほどの激しい痛みをともないます。
表層だけではなく、深部の筋肉に問題がある可能性があります。
立体動態波は腰の深部にまで浸透するため、ぎっくり腰の痛みの緩和に役立ちます。

著者 Writer

著者画像
髙橋 敏明
所有資格:柔道整復師、鍼灸師
生年月日:昭和60年6月20日
血液型:B
出身:兵庫県
趣味:アクアリウム、アウトドア、サイクリング、ゴルフ、スノーボード、ショッピング
得意な施術:鍼灸施術
ご来院される患者さまへ一言:痛みや悩みに対する解決策を一緒に考えましょう!

TREATMENT

保険施術アイコン

保険施術

鍼灸アイコン

鍼灸

美容鍼アイコン

美容鍼

脊椎矯正アイコン

脊椎矯正

電気療法アイコン

電気療法

立体動態波アイコン

立体動態波

EMSアイコン

EMS

固定療法アイコン

固定療法

超音波療法(LIPUS)アイコン

超音波療法
(LIPUS)

筋膜リリースアイコン

筋膜リリース

エコー検査機アイコン

エコー検査機

ショックウェーブアイコン

ショック
ウェーブ

ラジオ波温熱療法アイコン

ラジオ波
温熱療法

交通事故施術アイコン

交通事故施術

ABOUT US

あかり鍼灸接骨院

住所

〒675-0151
兵庫県加古郡播磨町野添1656-5
福田ビル1F

最寄駅

JR土山駅 北側より徒歩1分

駐車場

3台

09:00〜13:00 -
16:00〜20:00 - - -
お電話でのお問い合わせ

078-920-8100

LINE予約はこちら24時間受付

BACK TO TOP

LINE予約アイコン

LINE予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー